コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

面桶 メンツ

デジタル大辞泉の解説

めん‐つ【面×桶】

めんつう(面桶)」の音変化。

めん‐つう【面×桶】

《「つう()」は唐音
一人前ずつ飯を盛って配る曲げ物。のちには、乞食の持つものをいう。めんぱ。めんつ。
茶道で、曲げ物の水こぼしのこと。1の形を模したもの。めんつ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めんつ【面桶】

めんつう(面桶) 」に同じ。 「飯櫃いびつなる-にはさむ火打鎌(惟然)/続猿蓑」

めんつう【面桶】

〔「つう」は唐音〕
檜・杉などの薄板を曲げて作った楕円形の容器。一人前の飯を盛って配ったり、携帯したりした。のちには乞食の持ち物となった。
茶道で、曲げ物の水こぼし。曲げ建水。めんつ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の面桶の言及

【弁当】より

…行器は円筒形の塗物で数人分のものを収容し,ふたと外へ反った3本の脚をつけたもので,外居とも書いた。個人用の弁当箱は,破子(破籠)(わりご)や曲物(まげもの)の面桶(めんつう)などから変化したもので,行器などが下僕に運ばせるものであったのに対し,みずから携帯するようになり,〈独弁(どくべん)〉と呼ばれた。西鶴の《武道伝来記》巻七の〈新田原藤太〉には,〈此二人は行灯の光りを受て独弁をひらき,小者に煎茶(せんじちや)などはこばせて〉といった文を見ることができる。…

※「面桶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

面桶の関連キーワード火打ち鎌・燧鎌仕出屋弁当箱楕円形一人前茶道薄板弁当飯櫃

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android