コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曲げ物 まげもの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

曲げ物
まげもの

綰物 (わげもの) ,ワッパともいう。ヒノキ,スギなどの薄い板を円形楕円形に曲げて,合せ目をたがを使わずにヤマザクラシラカバの皮で綴り,底を取付けた容器。弁当を入れる輪っぱ柄杓せいろう飯櫃ふるいなどがある。や樽がつくられる以前は水や醤油を入れるのにも用いられた。昭和初期頃までは軟膏のような油薬の容器にも小さい曲げ物が使われた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

まげ‐もの【曲げ物】

檜(ひのき)・杉などの薄い板を円筒形に曲げ、桜や樺(かば)の皮でとじ合わせ、これに底をつけて作った容器。わげもの。
質種(しちだね)。質草(しちぐさ)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まげもの【曲げ物】

ひのきや杉の薄い板(へぎ板)を湾曲させて作る木製容器の総称。板の両端の接合部は桜の皮で縫い合わせる。盆・桶おけ・櫃ひつ・三方さんぼうなどの日用容器に多い。曲げ輪破わつぱ。檜物ひもの。わげもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

食器・調理器具がわかる辞典の解説

まげもの【曲げ物】

檜(ひのき)や杉などの薄い板を、円形・楕円(だえん)形に曲げて、接(つ)ぎ目を桜の皮などでとじ、底板をつけた容器。桶、弁当箱などがある。◇「曲げわっぱ」「綰(わ)げ物」ともいう。

出典 講談社食器・調理器具がわかる辞典について 情報

曲げ物の関連キーワード岡野松寿(初代)大館曲げわっぱ茶焙じ・茶焙子納豆烏帽子草津メンパ入山メンパ天狗頼母子頭上運搬ひば曲物味噌漉し小林如泥岡野寿貞権兵衛峠輪っぱ飯めんぱ野麦峠銑・鏟へぎ板裏漉し木工芸

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

曲げ物の関連情報