面相筆(読み)メンソウフデ

大辞林 第三版の解説

めんそうふで【面相筆】

眉毛・鼻の輪郭など顔面の細部を描くのに用いる、穂先が非常に細く長い絵筆。
蒔絵まきえの線描き用の筆。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

めんそう‐ふで メンサウ‥【面相筆】

〘名〙 絵の一種。眉毛、鼻など顔の細部を描くのに用いる、穂先のきわめて細く長い筆。めんそう。
※光明皇后の絵(1951)〈円地文子〉二「脳溢血で倒れる時も面相(メンソウフデ)を二本痩せた指に挿んだままだった妻の父」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

面相筆の関連情報