コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

面相筆 メンソウフデ

デジタル大辞泉の解説

めんそう‐ふで〔メンサウ‐〕【面相筆】

日本画用の絵筆の一。眉毛(まゆげ)や鼻の輪郭など細い線を描くのに用いる、穂先のきわめて細長いもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

めんそうふで【面相筆】

眉毛・鼻の輪郭など顔面の細部を描くのに用いる、穂先が非常に細く長い絵筆。
蒔絵まきえの線描き用の筆。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

面相筆の関連キーワード名数/ものの数え方の例(助数詞)藤田嗣治(ふじたつぐはる)郷田マモラ松井守男藤田嗣治面相

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

面相筆の関連情報