コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

面芝居 めんしばい

世界大百科事典 第2版の解説

めんしばい【面芝居】

仮面をつけて演じる地狂言。関東の神楽の面芝居と,中国,四国地方浄瑠璃による面芝居があり,江戸時代末期から明治にかけて祭りや盆に盛んに行われた。関東では里神楽の社中が余興芸として行い,歌舞伎狂言のパロディ化した演目などをせりふ付きで演じた(里神楽は黙劇)。中国,四国地方では浄瑠璃に合わせて1人で演じ,浄瑠璃に登場する人物に合わせてそのつど面と衣装を替え,面を口にくわえるのでせりふはしゃべらない。いずれも庶民が歌舞伎や人形浄瑠璃を手軽に楽しむべく考案された芸能である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

面芝居の関連キーワード倭寇

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android