コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

革島氏 かわしまうじ

世界大百科事典 第2版の解説

かわしまうじ【革島氏】

山城国葛野郡革嶋南荘(現,京都市西京区川島)を中心に活躍した中世武士。出身は清和源氏佐竹氏といわれる。佐竹昌義の五男義季は讒(ざん)にあって源頼朝より所領を没収され,近衛基通を頼って上洛し,同家領革嶋南荘に住んだ。その子義安のとき同荘の下司職に補任され,革島(嶋)をもって姓とした。9代幸政のとき足利尊氏に従って戦功があり,1336年(延元1∥建武3)同荘領家職半分を地頭職として恩給された。その後16世紀中ごろまで同荘を中心に各地の散在田畠を買得し,経済的基盤を拡大させた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

革島氏の関連キーワード革島庄