山崎の戦(読み)やまざきのたたかい

百科事典マイペディアの解説

山崎の戦【やまざきのたたかい】

1582年山城国山崎(京都府大山崎町)における羽柴(豊臣)秀吉明智光秀の合戦。本能寺の変ののち秀吉は急ぎ毛利氏と和睦(わぼく)し東上,光秀はこれを山崎で迎撃したが敗れ,敗走の途中土民に殺された。秀吉はこの勝利で織田信長の後継者としての基礎を固めた。→豊臣秀吉
→関連項目筒井順慶天王山洞ヶ峠山崎

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やまざきのたたかい【山崎の戦】

1582年(天正10)6月13日羽柴(豊臣)秀吉,織田信孝らが山城乙訓郡山崎付近で明智光秀を破った戦い。備中高松城を攻囲中に本能寺の変を知り直ちに毛利氏と講和,6日播磨姫路に帰った秀吉は,摂津の諸将を糾合して富田に着陣,信孝らの兵を合わせ,軍を山手,中手道筋,川手三手に分け13日進撃し,一方これより前に山崎の天王山を占領させていた。光秀は11日下鳥羽に布陣したころに秀吉の進出を知り,細川,筒井氏を欠く劣勢のまま勝竜寺から淀城の間で迎撃しようとし,13日午後秀吉の軍と激突したが,川手の秀吉軍が優勢だったため敗退した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の山崎の戦の言及

【筒井順慶】より

…明智光秀との結びつきはこのころより始まる。82年の山崎の戦に際しては,動揺しつつも結局豊臣秀吉にくみする。このとき洞ヶ峠にて彼が形勢をうかがったというのは後世の潤色。…

【天王山】より

…大阪府との境にあたり,淀川水運や山陽道をはじめ,古くからの水陸交通の重要地点であった。1582年(天正10)豊臣秀吉と明智光秀が戦った山崎の戦の際には,この山の占有が勝敗を決したといい,一般には天王山の戦とも称され,〈天王山〉は勝敗の分れ目を意味する語となった。山頂には戦後秀吉が居城とした山崎城跡があり,近くに酒解(さかとけ)神社,南側山腹に真言宗宝積(ほうしやく)寺(宝寺)がある。…

※「山崎の戦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山崎の戦の関連情報