コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鞍作得志 くらつくりの とくし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鞍作得志 くらつくりの-とくし

?-? 飛鳥(あすか)時代の人。
高句麗(こうくり)(朝鮮)へ派遣された留学生。皇極(こうぎょく)天皇4年(645)の同学の学問僧の報告によれば,を友として種々の妖術(ようじゅつ)を習得,虎から万病治癒の針をさずかったが,のちに虎にうばいとられたという。また帰国しようとして高句麗国に毒殺されたという。名は「とこし」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android