コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鞘塗(り) サヤヌリ

世界大百科事典内の鞘塗(り)の言及

【漆工芸】より

…塗りの種類は多く,溜塗(赤い漆の上に透漆をかける),白檀塗(箔または金地の上に透漆をかける)などのほか,春慶塗,赤漆,変塗(かわりぬり)がある。なかでも変塗は材料や技法の種類が多く(数百種),江戸時代に刀の鞘の塗りにほどこされて発達したので鞘塗ともいわれる。そのうちには地方漆器の特色ある塗りとして伝えられているものもある。…

※「鞘塗(り)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鞘塗(り)の関連キーワード変わり塗り・変り塗り橋本市蔵(初代)玉楮象谷堀田瑞松津軽塗変り塗刀剣類太刀

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android