コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

変り塗 かわりぬり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

変り塗
かわりぬり

漆工技法の一種。別名鞘 (さや) 塗。江戸時代に刀の鞘の漆塗装技法が盛んとなり,その技法は数百種類に及び変化に富んでいたのでこの名がある。彩漆 (いろうるし) ,蒔絵青貝象眼 (ぞうがん) などを応用したさまざまな種類がある。現在,津軽塗が変り塗の技法を用いたものとして有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かわり‐ぬり〔かはり‐〕【変(わ)り塗(り)】

漆塗りで、各種の技法や材料を応用した変化に富むもの。主に刀剣の鞘(さや)の装飾として発達したので鞘塗りともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

変り塗の関連キーワード紀州漆器青貝塗若狭塗黒江塗

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android