コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

音詩 オンシ

デジタル大辞泉の解説

おん‐し【音詩】

《〈ドイツ〉Tondichtung標題音楽の一。詩的・文学的印象を表した楽曲。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おんし【音詩】

標題音楽の一種。詩的内容を音楽で表そうとする試み。交響詩など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の音詩の言及

【交響詩】より

…交響詩の先駆としては,管弦楽による標題音楽,とくに標題交響曲(ベルリオーズの《幻想交響曲》など)があるが,これが多楽章形式なのに対して,交響詩は一般に単一楽章形式の場合に用いられる。交響詩の直接の出発点になったのは,ベートーベンの《エグモント》序曲,メンデルスゾーンの《フィンガルの洞窟》などの演奏会用序曲で,またレーウェはすでに1830年に詩人バイロンの作品にもとづく管弦楽作品《マゼッパ》に〈音詩〉の呼称をあたえ,この名はR.シュトラウスも愛用した。リストによる交響詩の名称の使用は,音楽と詩の密接な結合によって音楽を革新しようという彼の理念を示している。…

※「音詩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

音詩の関連キーワードピエール アルベール・ビロ山本 直忠森本 覚丹堀 葦男上田敏交響詩川柳

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

音詩の関連情報