コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

音読み おんよみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

音読み
おんよみ

日本における漢字の読み方の一つ。その漢字に結びついた中国語の発音を取入れたもの。その取入れ対象となる中国語の時代と地域の違いに応じて,呉音漢音唐音宋音などと呼ばれる。日本における (漢) 字音である。訓読みの対。「訓」に対して単に「音 (おん) 」ともいう。「山」をサンと読む類。なお「音読 (おんどく) 」は,漢字の音訓とは関係なく文 (章) を声に出して読むことで,黙読の対の意味にも,漢字・漢文をすべて字音で読み通すこと,すなわち字音直読の意味で,訓読 (くんどく) の対にも用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おん‐よみ【音読み】

[名](スル)漢字を字音で読むこと。おんどく。⇔訓読み

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おんよみ【音読み】

( 名 ) スル
漢字を字音で読むこと。おんどく。 ⇔ 訓読み

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

音読みの関連キーワード大地震[だいじしん]順風満帆[ぽ]キューちゃん籠居・篭居湯桶読み重箱読み万万一編上靴馬酔木押し柄加農砲後ろ見分里落居同断様様火事国字気前物狂

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

音読みの関連情報