コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宋音 そうおん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宋音
そうおん

日本の漢字音の一種。「そういん」ともいう。時代的に呉音漢音に次ぐもので,唐末ないし以後に伝えられたもの。「行 (アン) 」「鈴 (リン) 」「和 (ヲ〈オ〉) 」など。唐音 (とうおん,とういん) と同義に使うのが普通の用法であるが,強いて区別すれば,平安時代末期から鎌倉時代に伝えられた唐末・宋・元初のものを宋音,それ以後の明・清のものを唐音と呼ぶのが妥当であるともされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

そう‐おん【×宋音】

日本における漢字音の一。平安中期から鎌倉時代にかけて日本に伝えられた、時代の中国語の発音に基づくもの。従来、唐音(とうおん)とされていたものの一部で、主に禅僧によって伝えられ、禅宗関係の語に多い。「行火(あんか)」の「あん」、「普請(ふしん)」の「しん」、「椅子(いす)」の「す」の類。唐宋音(とうそうおん)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

宋音【そうおん】

唐音

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そうおん【宋音】

日本で用いられている字音の一種。〈そういん〉とも呼ばれる。呉音,漢音よりおくれて唐末以後に伝えられたものであり,唐音と同義語として用いられるのが普通である。字音唐音【三根谷 徹】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

そうおん【宋音】

宋から元初の頃までに日本に伝来した漢字音。「行」を「アン」、「鈴」を「リン」と読む類。一般には、唐音とうおんと呼ばれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宋音
そうおん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の宋音の言及

【漢字】より

…また,鎌倉時代に,禅宗の伝来に伴って新しく伝来した道具や食物の呼称などに従来と異なる字音によるものが少なくない。これらを唐音または宋音と呼ぶ。唐音の名は,宋・元・明・清初までの中国字音の日本に渡来したものを総称する。…

【字音】より

…もちろん,訓は中国語の字音の借用ではない(〈馬(うま)〉〈梅(うめ)〉等微妙なケースもないではないが)ので,漢字音ではない。 一方,〈音〉には大別して〈呉音(ゴオン)〉(対馬音(ツシマオン)),〈漢音(カンオン)〉〈唐音(トウイン∥トウオン)〉(宋音)の三つがあり,それぞれ別の字音体系を成している。例えば,〈明〉は呉音ミヤウ,漢音メイ,唐音ミン,〈公〉はそれぞれク,コウ,クンである。…

【唐音】より

…日本漢字音の一種。宋音ともいう。呉音漢音が日本での漢字音として定着したあと,あらたに中国より伝わった漢字音で,古くは平安中期(北宋の時代)に商人によって伝えられた漢字音,鎌倉時代(南宋~元初)臨済・曹洞系の禅僧によって伝えられた主として江南浙江地方の漢字音,江戸時代初期(明末)黄檗宗の祖隠元などによって伝えられた南京官話系の漢字音,同じく江戸時代(清)長崎通事によって伝えられた杭州語と南京官話系その他の漢字音など,その背景はきわめて複雑であり,一概に論じることはできないが,おおまかな特徴は次のとおりである。…

※「宋音」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宋音の関連キーワードまんじゅう(饅頭)こんろ(焜炉)音読み漢字銀杏巻繊提灯行灯行脚竹篦

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android