コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

音響インピーダンス おんきょうインピーダンスacoustic impedance

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

音響インピーダンス
おんきょうインピーダンス
acoustic impedance

音波の波面について,音圧 P を体積速度 Sv で割った値 P/Sv をいう。 S は面の面積,v は媒質の速度である。音を交流理論との類推で論じるとき,音圧を電圧に,体積速度を電流に対応させるとちょうどインピーダンスに対応する量である。一般に Pv の位相は一致しないので音響インピーダンス複素数になるから,交流の場合にならって,実数部を音響抵抗,虚数部を音響リアクタンスという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

音響インピーダンス
おんきょういんぴーだんす
acoustic impedance

音波が伝播(でんぱ)するときの音圧pと媒質の運動速度vとの関係は電気回路における電圧と電流の関係によく似ており、等価回路による取扱いがしばしば行われる。そのとき音響インピーダンスはp/Svと定義される。ここでSは音波の波面の面積であり、Svは体積速度という意味をもつ。とくにS=1の場合、すなわちZp/vで定義されるZは固有音響インピーダンスとよばれ、媒質特有の量である。一方、pvの関係は運動方程式で結ばれており、これから正弦音波の場合Z=ρc(ρは媒質の密度、cは音速)という関係が導かれる。音響インピーダンスの利用例として、二つの媒質AとBが平面で接しており、A媒質中を伝播する平面波が境界面に垂直に入射する場合を考える。それぞれの媒質の固有音響インピーダンスをZAZBとすると境界面での音波の振幅反射率は
  (ZAZB)/(ZAZB)
と計算される。すなわち、両媒質の音響インピーダンスZAZBを等しくしてやれば反射がおこらない。これは音波を種々の媒質中で有効に伝播させようとするときに重要となる。また逆にZAに比べZBを小さくしてやれば、界面で音波をほぼ遮断することができる。[比企能夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

音響インピーダンスの関連情報