コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

韻を探る インヲサグル

デジタル大辞泉の解説

韻(いん)を探・る

多人数が集まって詩を作るとき、各人が韻字本を無心に開き、そこに出た字をその人の詩の韻とする。探韻(たんいん)する。
「貴ぶ所これ賢才といふ題にして―・らるることあり」〈神皇正統記・村上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いんをさぐる【韻を探る】

多人数が集まって詩を作るとき、韻字を記した札を箱に入れて各自がそこから一枚を取り出すか、あるいは韻字本を自由に開き、出たページの韻字を自分の詩の韻とする。探韻する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android