コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

響板 キョウバン

大辞林 第三版の解説

きょうばん【響板】

弦楽器の共鳴箱の胴板。弦の音を大きく豊かにする役割を果たす。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

響板の関連キーワードシタール [sitar(ヒンディー)]ハープ[harp、arpa(伊)]マンドリン[mandolin]ピアノ(楽器)サントゥールチャランゴバンジョータンブールチェンバロダルシマー弦鳴楽器音響効果チャケーフレットセタールカチャピトンコリ説教壇能舞台共鳴板

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

響板の関連情報