(読み)ひびき

精選版 日本国語大辞典の解説

ひびき【響】

〘名〙 (動詞「ひびく(響)」の連用形の名詞化)
① 音や声のひろがり伝わって聞こえること。ひびきわたること。とどろくこと。また、その音や声。音響。
※書紀(720)欽明一四年五月(寛文版訓)「泉郡の茅(ち)渟海の中に梵音(のりのおと)す。震響(ヒヒキ)雷の声の若し」
② 反響。こだま。〔匠材集(1597)〕
③ 震動。
※二十五絃(1905)〈薄田泣菫〉天馳使の歌・なかだえ「あなや、地鳴の璺(ヒビキ)より、光は背(せな)に洩るるやと」
④ 音や声の末尾。語尾の母音。耳に聞こえる音や声の感じ。余韻。また発語などをしている人の、その語を通して聞き手にうけとれる感情など。
※源氏(1001‐14頃)若菜上「琴の緒も、いとゆるに張りて、いたうくだして調べ、ひひき多く合はせてぞ、かきならし給ふ」
※平家(13C前)一「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響あり」
⑤ 世間に広く知れわたること。世の評判となること。世間が評判し、大騒ぎをすること。とりざた。
※源氏(1001‐14頃)若菜上「さばかりの御いきほひなれば、わたり給御儀式など、いと、ひひき殊なり」
⑥ 関係が他に及んでいくこと。他にさしひびくこと。さしひびき。影響。
※霊異記(810‐824)上「苦楽の響(ヒビキ)は、谷の音に応ふるが如し。〈興福寺本訓釈 響 比々支波〉」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一「アンドレア、デル、サルト事件が主人の情線に如何なる響を伝へたか」
⑦ いびき。
※浮世草子・西鶴諸国はなし(1685)五「ゆるりの松かがり消へて、鼾(ヒビキ)ばかりなりぬ」
⑧ 俳諧の連句で、前の句に付ける時の技巧の一つ。前の句の感情の動きを受けて、そのまま次の句に表わし出すこと。「匂(におい)」「移り」とともに、特に芭蕉連句において、基本的な付け合いの手法とされた。
※俳諧・葛の松原(1692)「世に景気附・こころ附といふ事は侍れど〈略〉響(ヒビキ) 夜明の雉子は山か麓か 五む十し何ならはしの春の風」

ひび・く【響】

〘自カ五(四)〙
① 大きな、また、高い音・声が広がり伝わる。とどろきわたる。鳴りわたる。
※西大寺本金光明最勝王経平安初期点(830頃)五「大きに梵り響(ヒヒキ)震ふ雷と音とのごとし」
② 音・声が物にぶつかり、はね返ってくる。また、震動が伝わっていく。反響する。こだまする。
※海道記(1223頃)鎌倉遊覧「湾水、響きそそひで夜の夢を洗ふ」
※延慶本平家(1309‐10)一本「勧請の句をはたと打上給たりければ、三十三間をひびき廻くり」
③ 音が長く尾を引く。余韻を生ずる。
※源氏(1001‐14頃)総角「夜深きあしたの鐘の音かすかにひびく」
④ 世に広く聞こえわたる。評判が高くなる。
※源氏(1001‐14頃)若菜上「よからぬ、世の騒ぎに、かるがるしき御名さへひびきて、やみにしよ」
⑤ 大騒ぎする。騒ぎたてる。
※蜻蛉(974頃)上「一京ひびきつづきて、いとききにくきまでののしりて」
⑥ 心に感ずる。また、感覚に訴える。ある意味や感情がききとれる。
※俳諧・都曲(1690)上「結ぶより早歯にひひく泉かな〈芭蕉〉」
※行人(1912‐13)〈夏目漱石〉友達「自分達には変に響(ヒビ)く言葉を使って」
⑦ 関係が及ぶ。他へ影響する。
※幕末御触書集成‐一〇一・安政三年(1856)八月八日「条約に響候義を、其地にて直に決着可致筋無之候間」

ひびか・す【響】

〘他サ五(四)〙
① 音や声を出す。出して聞こえるようにさせる。
※大唐三蔵玄奘法師表啓平安初期点(850頃)「阿に巣(すく)ひて律を響(ヒヒか)す」
② とどろきわたらせる。大地を揺り動かしたり、大気を震わせたりする。また、勢いにおそれおののかせる。おそれなびかせる。
※宇津保(970‐999頃)楼上上「今より何事も、世の中をひびかすこそいと妬けれ」
③ 広く世間に知れわたらせる。うわさの的とさせる。大きな反響をおこす。評判を立てさせる。
※大鏡(12C前)五「かくよをひひかす御孫のいでおはしましたる」
④ ほのめかす。暗示する。あてつける。

ひび・ける【響】

〘自カ下一〙 =ひびく(響)
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)五「イヤもふ、ものをいふさへ、あたまへひびけてならぬ」
※江戸から東京へ(1921)〈矢田挿雲〉三「郷里の熊野では文左衛門の名は可成り響(ヒビ)けてゐた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android