コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頂門 チョウモン

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐もん〔チヤウ‐〕【頂門】

頭の上。頭。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうもん【頂門】

頭の上。頭。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の頂門の言及

【目∥眼】より

…二目の人は,専心聴受し,聞きしがごとくに行なう〉とあるのを引用する南方熊楠は,中国人がさらにこれを転用して中国人は2眼,ラテン人は1眼,他は盲目などという例を列挙している。禅宗でいう一隻眼(いつせきげん)ももとは不十分な見識を指したのに,時代を経るうちにひとかどの見識,さらに心眼へと格上げされ,そのある位置も頭頂部の〈頂門〉ということになってしまった。 偓佺(あくせん)という仙人の両眼は四角形をしていたというが(《列仙伝》),古代エジプト人の定義によれば,人の目は口の形をしていて,その中に太陽たる瞳を包む。…

※「頂門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

頂門の関連キーワード頂門の一針

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android