コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

須川信行 すがわ のぶゆき

美術人名辞典の解説

須川信行

医師・国学者歌人。近江高島郡生。号は常葉園。本姓は清水。渡忠秋小出粲門人。国学・和歌を能くし、御歌所参候・同寄人を務めた。京都に住した。大正6年(1917)歿、79才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

須川信行 すがわ-のぶゆき

1839-1917 明治-大正時代の歌人。
天保(てんぽう)10年10月25日生まれ。京都の須川検校(けんぎょう)にやしなわれ,医師となる。和歌を渡忠秋,小出粲(こいで-つばら)にまなぶ。御歌所(おうたどころ)の高崎正風(まさかぜ)にみとめられ,御歌所寄人(よりゅうど)となった。大正6年11月13日死去。79歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。本姓は清水。号は常葉園。家集に「常葉園歌集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

須川信行の関連キーワード大正時代

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android