須川信行(読み)すがわ のぶゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

須川信行 すがわ-のぶゆき

1839-1917 明治-大正時代の歌人。
天保(てんぽう)10年10月25日生まれ。京都の須川検校(けんぎょう)にやしなわれ,医師となる。和歌を渡忠秋,小出粲(こいで-つばら)にまなぶ。御歌所(おうたどころ)の高崎正風(まさかぜ)にみとめられ,御歌所寄人(よりゅうど)となった。大正6年11月13日死去。79歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。本姓は清水。号は常葉園。家集に「常葉園歌集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android