コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小出粲 こいで つばら

美術人名辞典の解説

小出粲

歌人。江戸生。幼名は新四郎、号は梔園。江戸派の瀬戸久敬に歌を学び、のち宮内省文学御用掛・御歌所寄人・主事となった。明治41年(1908)歿、76才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こいで‐つばら【小出粲】

[1833~1908]歌人。江戸の生まれ。号、如雲・梔園(しえん)。宮内省に勤め、御歌所寄人(おうたどころよりうど)となる。歌集くちなしの花」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小出粲 こいで-つばら

1833-1908 明治時代の歌人。
天保(てんぽう)4年8月28日生まれ。瀬戸久敬にまなぶ。明治10年宮内省文学御用掛となり,のち御歌所寄人(よりうど)をつとめる。35年歌誌「くちなしの露」を創刊。旧派ながら新味のある歌風で知られた。明治41年4月15日死去。76歳。江戸出身。本姓は松田。号は梔園(しえん)。歌集に「くちなしの花」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小出粲の関連キーワード伊藤左千夫須川 信行御歌所派岡村直温岡山高蔭須川信行遠山英一常磐会小出

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android