コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小出粲 こいで つばら

3件 の用語解説(小出粲の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

小出粲

歌人。江戸生。幼名は新四郎、号は梔園。江戸派の瀬戸久敬に歌を学び、のち宮内省文学御用掛・御歌所寄人・主事となった。明治41年(1908)歿、76才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こいで‐つばら【小出粲】

[1833~1908]歌人。江戸の生まれ。号、如雲・梔園(しえん)。宮内省に勤め、御歌所寄人(おうたどころよりうど)となる。歌集「くちなしの花」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小出粲 こいで-つばら

1833-1908 明治時代の歌人。
天保(てんぽう)4年8月28日生まれ。瀬戸久敬にまなぶ。明治10年宮内省文学御用掛となり,のち御歌所寄人(よりうど)をつとめる。35年歌誌「くちなしの露」を創刊。旧派ながら新味のある歌風で知られた。明治41年4月15日死去。76歳。江戸出身。本姓は松田。号は梔園(しえん)。歌集に「くちなしの花」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

小出粲の関連キーワード細辻昌雄尾崎宍夫会田安昌井関照子狩野水子新貝直蔭数原尚樹関橋守玉野花子遠山稲子

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone