コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高崎正風 たかさき

百科事典マイペディアの解説

高崎正風【たかさきまさかぜ】

歌人。通称佐太郎。薩摩生れ。父は薩摩藩士,冤罪(えんざい)によって自刃したため,奄美大島に流された。3年後許された後は,国事に奔走した。1872年欧米視察,帰国後,1876年宮中の御歌掛(おうたがかり)になり,1887年には明治天皇の作歌点者を命ぜられる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高崎正風 たかさき-まさかぜ

1836-1912 幕末-明治時代の武士,歌人。
天保(てんぽう)7年7月28日生まれ。高崎五郎右衛門の長男。薩摩(さつま)鹿児島藩士。八田知紀(とものり)に歌をまなぶ。お由羅騒動で父は切腹し,正風は奄美大島に流されたが,ゆるされ京都で活動。宮中の侍従番長,御歌掛などをつとめ,明治21年御歌所初代所長。のち枢密顧問官をかねた。明治45年2月28日死去。77歳。通称は左太郎,伊勢,左京。号は宝義堂。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

高崎正風

没年:明治45.2.28(1912)
生年:天保7.7.28(1836.9.8)
幕末の薩摩(鹿児島)藩士,明治政府の官僚,歌人。島津斉彬襲封の早期実現を図り,俗にいうお由羅騒動で切腹を命じられた高崎五郎右衛門の子。事件に連座し,嘉永3(1850)年奄美大島に流罪。同6年許され帰藩。文久2(1862)年島津久光に随従して上洛。翌3年8月,会津藩(福島県)藩士秋月悌二郎と中川宮朝彦親王を訪い尊攘派排撃を要請,8月18日の政変を実現に導き,京都留守居役となる。慶応3(1867)年武力討幕方針に反対し,藩政府の主流から隔たった。ために維新後の官歴は必ずしも華やかでなく,左院少議官,侍補,宮中顧問官,枢密顧問官。また八田知紀に学び桂園派の歌人。明治21(1888)年御歌所長を兼ね,終世その職にあった。

(井上勲)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たかさきまさかぜ【高崎正風】

1836‐1912(天保7‐大正1)
明治期の歌人。鹿児島生れ。26歳のころから,幕末多事に際して国事に力を尽くした。1868年鳥羽・伏見の戦において征討将軍の参謀となり,71年に欧米を視察,76年宮中の御歌掛となる。88年には御歌所設置にともなって初代所長となり,以後題者,点者として明治末年におよんだ。歌は八田知紀(はつたとものり)に学ぶ。77年に明治天皇の作歌の点者を命ぜられ,天皇の作歌10万首,昭憲皇太后の作歌4万首を点した。自らも多作で数万首の歌を作り,没後御歌所関係者の手で1265首選ばれ《たづがね集》3巻(1926)が刊行された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たかさきまさかぜ【高崎正風】

1836~1912) 歌人。薩摩の人。歌を八田知紀に学ぶ。温雅流麗な歌風で知られ、桂園派復興の中心歌人。御歌所所長、明治天皇の歌道の師。歌集「埋木廼花うもれきのはな」「たづがね集」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高崎正風
たかさきまさかぜ

[生]天保7(1836).7.28. 薩摩
[没]1912.2.28. 東京
歌人。通称,左太郎。歌を八田知紀に学び,1876年宮中の御歌掛に任じられ,88年御歌所設置に伴い初代所長となった。明治天皇,昭憲皇太后の御製の点者としても有名。桂園派正統を継ぎ,古今調の温雅流麗な歌風で,自然への没入と「まこと」を説いた。没後,歌集『たづがね集』 (3巻,1926) が刊行された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

高崎正風の関連キーワード有栖川宮慰子妃有栖川宮 慰子北島伊登子鎌田 正夫佐佐木信綱与謝野礼厳鈴木 小舟須川 信行清岡 覚子大口 鯛二遠山 稲子阪 正臣幼学綱要須川信行埋木廼花御歌所派中山三屋大口周魚曾山幸彦税所敦子

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android