コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

須永金三郎 すなが きんざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

須永金三郎 すなが-きんざぶろう

1866-1923 明治-大正時代のジャーナリスト。
慶応2年10月生まれ。博文館編集次長などをへて,明治28年郷里栃木県足利(あしかが)で「両毛新報」を発行,足尾鉱毒被害者の救済に尽力。のち「福井新聞」記者をへて,43年帰郷し,郷土史の研究につとめた。大正12年2月25日死去。58歳。東京専門学校(現早大)卒。号は須菩提,蘆山など。著作に「鉱毒論考」「足利学校遺蹟考」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

須永金三郎の関連キーワードジャーナリスト大正時代

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android