コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

須永金三郎 すなが きんざぶろう

1件 の用語解説(須永金三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

須永金三郎 すなが-きんざぶろう

1866-1923 明治-大正時代のジャーナリスト。
慶応2年10月生まれ。博文館編集次長などをへて,明治28年郷里栃木県足利(あしかが)で「両毛新報」を発行,足尾鉱毒被害者の救済に尽力。のち「福井新聞」記者をへて,43年帰郷し,郷土史の研究につとめた。大正12年2月25日死去。58歳。東京専門学校(現早大)卒。号は須菩提,蘆山など。著作に「鉱毒論考」「足利学校遺蹟考」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

須永金三郎の関連キーワード石谷伝四郎大宮兵馬佐藤密蔵尚昌谷野格永屋茂羽田浪之紹波多野あき子渡辺巳之次郎大正時代美術

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone