コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

須菩提 しゅぼだい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

須菩提
しゅぼだい

インドの僧。サンスクリット語 Subhūti音写釈尊十大弟子の一人。善現などと漢訳される。初期の文献によると,シュラーバスティー (舎衛城) に生まれ,父をスマナ Sumanaという。なおスマナの兄が,釈尊に祇園精舎を寄進したアナータピンディカ Anāthapiṇḍika (給孤独長者〈ぎっこどくちょうじゃ〉) という資産家であるという (→スダッタ ) 。祇園精舎の寄進とともに,釈尊の説法に感じてその弟子となったといい,争うことがない点で第一であったとする。また,空の思想を説く般若経典に,釈尊の対話者として多く現れ,空思想の最もすぐれた理解者であったともされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅぼだい【須菩提】

《〈梵〉Subhùtiの音写。善現・空生などと訳す》釈迦十大弟子の一人。給孤独(ぎっこどく)長者の甥(おい)といわれる。争うことがなかったところから無諍(むじょう)第一、空の理解の深かったことから解空(げくう)第一と称された。スブーティ

すぼだい【須菩提】

しゅぼだい(須菩提)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅぼだい【須菩提】

Subhūti〕 釈迦の十大弟子の一人。十六羅漢の一。解空第一といわれる。すぼだい。

すぼだい【須菩提】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

須菩提
しゅぼだい

仏陀(ぶっだ)(釈迦(しゃか))の十大弟子の一人。サンスクリット語スブーティSubhtiの音写。中インドの舎衛国(シュラーバスティー)の出身。ひたすら修行に励み、他と争うことがなかったところから無諍(むじょう)第一と称せられる。原始経典にもしばしば登場するが、後の大乗経典、とくにその初期の『般若経(はんにゃきょう)』には、仏説を誘導するもっとも重要な役割を果たしており、『般若経』の中心思想である空・般若波羅蜜(はらみつ)・菩薩(ぼさつ)などの思想や実践をめぐって、そこに登場する仏と問答を交わし、その解説にあたるなど、ひとり盛んに活躍して、『般若経』ひいては大乗仏教を導き出す中心人物として描かれている。[三枝充悳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の須菩提の言及

【金剛般若経】より

…本経の成立に関しては,他の般若経典に先立って成立したとする説と,他の般若経典に遅れてその要約として作られたとする説がある。内容は,祇園精舎における仏と須菩提(しゆぼだい)(スブーティSubhūti)の対話という形式で,般若思想の根幹を簡潔に説く。本経には〈空〉という術語は用いられていないが,その思想は〈空〉の思想といってよく,原始仏教以来追求されてきた種々の宗教的価値が固定化され,執着されることを否定し,否定を通して,より高い次元に宗教的価値を実現しようとしている。…

【十大弟子】より

…釈迦の死後その教団を統率し,500人の仲間とともに釈迦の教法を編集し(第一結集),付法蔵(教えの奥義を直伝すること)の第一祖となった。(4)須菩提(しゆぼだい) サンスクリット語でスブーティSubhūti。解空第一。…

※「須菩提」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

須菩提の関連キーワード須永金三郎十六羅漢四大弟子

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android