コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

預備倉 よびそうyu-bei-cang; yü-pei-ts`ang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

預備倉
よびそう
yu-bei-cang; yü-pei-ts`ang

中国,明代に救荒施設としておかれた穀物倉庫。明初,農村に自然発生的に起った施設を政府が災害の救済米価調節の必要から整備したもので,初めは官本 (政府資金) を出して穀物をたくわえさせ,里老人に管理させた。永楽年間 (1403~24) 以後は一時すたれたが,明中期には復興され,かなり普及した。しかし官治的色彩が強く,明末には再びすたれ,社倉義倉に代られた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android