コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

里老人 りろうじんli-lao-ren; li-lao-jên

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

里老人
りろうじん
li-lao-ren; li-lao-jên

耆宿 (きしゅく) ,耆民などともいう。中国,明代の徭役の一種里長,甲首などの正役に準じるもの。里甲制に伴って里ごとに1名おかれ,民間の「年高く徳行ある者」を選んで郷村の自治的機能を司らせた。下級裁判権が与えられたほか,里内教化勧農相互扶助などの責任を負った。しかし明の中期以後,その機能は次第に衰え,地位も有名無実化し,清初の里甲制の廃止とともに消失した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

りろうじん【里老人】

中国、明清時代の里甲制において里ごとに設けられた職役の一種。有徳の年長者が任命され、民衆教化・勧農・簡易裁判の判決などにあたり、郷村社会の秩序維持に努めた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の里老人の言及

【明】より

…その際,各戸の消長に応じて,里長戸の編制替えや,正管戸の入替えなども行われる。里甲制の最も重要なねらいは,租税徴収や徭役の割当てを円滑に行うことであったが,教化や治安維持についても期待され,里長とは別に里老人が置かれた。しかしこの面は中期に至って有名無実となった。…

【村】より

…そのために,民は依らしむべし,知らしむべからずといった愚民政策がとられたり,一種の思想的教化がなされることがいつの時代にもあった。古代には三老と呼ばれる有徳の老人が教化を行ったといわれ,明代に置かれた里老人は,むらの内を巡回して孝順などの儒教的徳目をとなえ,争いを調停し,むらの平和を維持しようとしたのである。 むらに対する王朝の支配はこのような自然的村落を単位とするのではなく,人為的な空間と特定の秩序によってそれらを再構成した行政村を通して行われるのが普通であった。…

【里甲制】より

…第3は里内の治安維持である。里には高年有徳の人物をあてる里老人が置かれ,里民の教化や,里内の裁判をつかさどったが,里長は里老人に協力し補助することが義務づけられていた。第4は上供物料(宮廷や政府で使用する各種物品)と公費(地方官庁で必要とする各種雑費)の負担である。…

※「里老人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

里老人の関連キーワード預備倉有徳判決耆宿

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android