コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

預託商法 よたくしょうほう

大辞林 第三版の解説

よたくしょうほう【預託商法】

利殖商法の一。高配当・元本保証などをうたい、牛や地鶏などのオーナーを募り、飼育のための預託金(実質的な出資金)を集めるもの。実際には事業が行われない場合もある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

預託商法の関連キーワード和牛オーナー制度安愚楽牧場和牛商法オーナー利殖商法飼育地鶏

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

預託商法の関連情報