預託商法(読み)よたくしょうほう

大辞林 第三版の解説

よたくしょうほう【預託商法】

利殖商法の一。高配当・元本保証などをうたい、牛や地鶏などのオーナーを募り、飼育のための預託金(実質的な出資金)を集めるもの。実際には事業が行われない場合もある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

預託商法の関連情報