コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頓作 トンサク

デジタル大辞泉の解説

とん‐さく【頓作】

[名・形動ナリ]即座にうまく応答したり洒落(しゃれ)などを言ったりすること。また、そのような人や、そのさま。
「―なる人の知らせて、先づ占ひを見給へとて」〈浮・新可笑記・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とんさく【頓作】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
その場の要求に応じて即座に作ること。
機知の働くこと。頓智の働くこと。また、そういう言葉やさま。 「さかしき男が-をいふは/咄本・露が咄」 「 -ナ人/日葡」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

頓作の関連キーワード林屋正蔵(初代)露の五郎兵衛落語咄本寄席

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android