コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

領土紛争 りょうどふんそう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

領土紛争
りょうどふんそう

国際紛争の要因は多々考えられるが,そのなかでも大きなものに領土紛争がある。民族,国家など,一定のまとまった社会構成体の移転を争う紛争であり,国や島全体をめぐる争いがこれにあたる。北方領土問題,フォークランド諸島紛争などがそれである。紛争=武力衝突というわけでは必ずしもないが,結果的に武力行使にいたるものが少くない。平和的手段による解決方法としては,外交交渉,仲介,国連など国際組織による介入,国際司法裁判所による司法手続などがあり,紛争の性質に応じた手段がとられ,解決がはかられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

りょうどふんそう【領土紛争】

領土の帰属について、その領有を主張する複数国間の紛争。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

領土紛争の関連キーワードフェルナンド(1世)(カスティーリャ王)トルデシーリャス条約アラブ首長国連邦具体的実効的支配ウォルビス・ベイアブムサ島領有権レオポルト1世カシミール問題メーメル問題湾岸協力会議バーレーンウスワイアアノトー惣無事令ソマリア国際紛争gccいずも帰属領有

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

領土紛争の関連情報