コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

領土紛争 りょうどふんそう

2件 の用語解説(領土紛争の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

領土紛争
りょうどふんそう

国際紛争の要因は多々考えられるが,そのなかでも大きなものに領土紛争がある。民族,国家など,一定のまとまった社会構成体の移転を争う紛争であり,国や島全体をめぐる争いがこれにあたる。北方領土問題フォークランド諸島紛争などがそれである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

りょうどふんそう【領土紛争】

領土の帰属について、その領有を主張する複数国間の紛争。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

領土紛争の関連キーワード国際紛争仲裁契約好材料材料アームズコントロール外部要因憲法第2章 戦争の放棄国際審査委員会国際紛争平和的処理議定書国際紛争平和的処理条約

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

領土紛争の関連情報