頭の黒い鼠(読み)アタマノクロイネズミ

  • あたま
  • の 黒(くろ)い鼠(ねずみ)
  • 頭(あたま)の黒(くろ)い鼠(ねずみ)

大辞林 第三版の解説

頭髪の黒い人間を鼠になぞらえていう
物がなくなった時に、身近にいる人間が盗んだのだろうということを暗にいう言葉。 -のしわざ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

頭髪の黒い鼠の意で、家の中の物がなくなった時などに、それを盗んだ犯人は、鼠でなくて人間だとほのめかしていう。
※俳諧・大坂独吟集(1675)下「ときどきかよひたらんこそこそ はらますはあたまのくろい鼠すら〈宗因〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ことわざを知る辞典の解説

ネズミが物をかすめとるように、物を盗む人。家の中の物が急になくなった時などに、頭髪の黒い人間をネズミになぞらえて、犯人はネズミでなく人間であろうとほのめかしていう。

[使用例] 私の隠居家は別棟になっているのに、母家の屋根裏からでるとはフシギじゃないか。そんな遠歩きする鼠の話はこの年になるまで聞いたことがありませんよ。大方、の黒い鼠がひいたものだろうよ[坂口安吾*屋根裏の犯人|1953]

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android