コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頭蓋容量 とうがいようりょう

2件 の用語解説(頭蓋容量の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

頭蓋容量
とうがいようりょう

頭蓋腔の容量で,脳の大きさに近い値を示す。頭骨の大後頭孔から粟などを入れてはかる。リーと K.ピアソンによって,頭長(L),頭幅(B),頭高(H)との間に回帰式が得られている(単位は mm)。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

頭蓋容量【とうがいようりょう】

脳頭蓋の容量。頭蓋腔の大きさは脳の大きさにほぼ比例するので,これを計測することは動物の比較上重要な意義をもつ。人類は他の動物に比べてきわめて大きい。たとえばチンパンジー320〜480cm3,ゴリラ340〜752cm3,猿人435〜600cm3,原人775〜1225cm3,新人1400〜1500cm3である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone