コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頭蓋容量 とうがいようりょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

頭蓋容量
とうがいようりょう

頭蓋腔の容量で,脳の大きさに近い値を示す。頭骨の大後頭孔から粟などを入れてはかる。リーと K.ピアソンによって,頭長(L),頭幅(B),頭高(H)との間に回帰式が得られている(単位は mm)。

生体
Ccm3=0.000337×(L-11)×(B-11)×(H-11)+406(男)
Ccm3=0.0004×(L-11)×(B-11)×(H-11)+206.6(女)
頭骨
Ccm3=0.000337・L・B・H+406(男)
Ccm3=0.0004・L・B・H+206.6(女)

ヒトの進化の過程で,アウストラロピテクス(約 500cm3),ホモ・エレクトゥス(約 950cm3),ホモ・サピエンス(約 1350cm3)へと頭蓋容量がしだいに大きくなる傾向が認められる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

頭蓋容量【とうがいようりょう】

脳頭蓋の容量。頭蓋腔の大きさは脳の大きさにほぼ比例するので,これを計測することは動物の比較上重要な意義をもつ。人類は他の動物に比べてきわめて大きい。たとえばチンパンジー320〜480cm3,ゴリラ340〜752cm3,猿人435〜600cm3,原人775〜1225cm3,新人1400〜1500cm3である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

頭蓋容量の関連キーワードアウストラロピテクスホモ・エレクトゥスジブラルタル人骨ピテカントロプスホモ・ハビリスアラゴ遺跡化石人類ゴリラ脳頭蓋進化新人猿人

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android