コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頭蓋容量 とうがいようりょう

2件 の用語解説(頭蓋容量の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

頭蓋容量
とうがいようりょう

頭蓋腔の容量で,脳の大きさに近い値を示す。頭骨の大後頭孔から粟などを入れてはかる。リーと K.ピアソンによって,頭長(L),頭幅(B),頭高(H)との間に回帰式が得られている(単位は mm)。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

頭蓋容量【とうがいようりょう】

脳頭蓋の容量。頭蓋腔の大きさは脳の大きさにほぼ比例するので,これを計測することは動物の比較上重要な意義をもつ。人類は他の動物に比べてきわめて大きい。たとえばチンパンジー320〜480cm3,ゴリラ340〜752cm3,猿人435〜600cm3,原人775〜1225cm3,新人1400〜1500cm3である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

頭蓋容量の関連キーワード頭蓋頭蓋骨大きさ合抱縮率神経頭蓋内臓頭蓋脳頭蓋ラウドネス頭蓋腔

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone