コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あたま

盆栽用語集の解説

盆樹の頭部、樹冠部のこと。芽ひとつを指すのではなく頭部全体を指して使うことが多い。頭をうまくまとめることができるかどうかでその人の技量をはかることができるほど、盆栽にとって重要な部分。一般に、頭が丸いほど古木感が表現できる。

出典|(株)近代出版盆栽用語集について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あたま【頭】

動物の体の上端または前端の部分で、脳や目・耳・鼻などの重要な感覚器官のある部分。
㋐首から上の部分。かしら。こうべ。「を深く下げる」
㋑人間では、頭髪の生えた部分。動物では頭頂のあたり。「をかく」「犬のをなでてやる」
脳の働き。思考力。考え。「の回転が速い」「に入れておく」「を切り替える」
髪。頭髪。髪の形。「が白くなる」「を刈る」
物の先端、上端。てっぺん。「釘(くぎ)の
物事のはじめ。最初。はな。「来月のから始める」
うわまえ。「をはねる」
主だった人。人の上に立つ者。首領。長。かしら。「に据える」
人数。頭かず。「がそろう」
(「ひとり」の下に付き、接尾語的に用いて)人を単位とすることを表す。…あたり。「ひとり千円を集める」
10 新聞の一面トップ記事。題号の左や下を占める。→
11 相場の最高点。天井。「つかえ」
12頭金(あたまきん)」の
13 マージャンで、雀頭(ジャントウ)の俗称。
[下接語]毬栗(いがぐり)頭石頭大頭金槌(かなづち)頭金柑(きんか)頭慈姑(くわい)頭・芥子(けし)頭・外法(げほう)頭孔子頭才槌(さいづち)頭散切(ざんぎ)り頭白髪頭・擂(す)り粉木頭・茶瓶(ちゃびん)頭禿(はげ)頭・ビリケン頭・坊主頭・本多頭・薬缶(やかん)頭野郎頭

かしら【頭】

[名]
人間や動物の首から上の部分。あたま。こうべ。「尾つき」「、右」「に霜を置く」
髪の毛。頭髪。「を剃(そ)る」
物のいちばん上、または先の部分。先端。「八歳をに三人の子持ち」
一団の人々を統率する人。統領。特に、鳶職(とびしょく)大工左官など職人の親方。
(「首」とも書く)人形の首から上の部分。特に、人形浄瑠璃人形の頭部。「を遣う」
で扮装に用いる仮髪。前は顔までかかり、横は両肩に垂れ、後ろは背丈に及ぶ長いもの。黒頭・赤頭・白頭があり、役によって使い分ける。「獅子(しし)
もつ焼きで、豚の頭部の肉。
[接尾]助数詞。
動物を数えるのに用いる。
「鹿の一―にても殺す者あらば」〈宇治拾遺・七〉
仏像を数えるのに用いる。
「(仏師ニ)幾―造り奉りたるぞと問へば」〈宇治拾遺・九〉
烏帽子(えぼし)など頭にかぶるものを数えるのに用いる。
「折らぬ烏帽子十―、直垂、大口などをぞ入れたりける」〈義経記・七〉
人の上に立つ者、特に大名などを数えるのに用いる。
「あれへ大名一―、瓜核(うりざね)顔の旦那殿、東寺から出た人さうな」〈浄・丹波与作

がしら【頭】

[語素]
動詞の連用形に付いて、そうした時、そのとたん、などの意を表す。「出会い
名詞に付く。
㋐その中の第一位の者の意を表す。「出世」「もうけ
㋑その入り口、先端などの意を表す。「目」「波
日時を表す名詞に付いて、その初めの意を表す。
「月―には東にあり、月の末には西にあると申す」〈謡・藤戸

かぶ【頭】

《「株(かぶ)」と同語源》あたま。かしら。
「ははあ、―を離(はな)いたは」〈虎寛狂・惣八

かぶり【頭】

あたま。かしら。

じゅう【頭】[漢字項目]

とう

ず〔ヅ〕【頭】

あたま。かしら。

つぶり【頭】

あたま。かしら。つむり。

つむ【頭】

つむり(頭)」の略。→御頭(おつむ)

つむり【頭】

あたま。かしら。おつむ。つぶり。「をなでる」
頭髪

とう【頭】

[名]
あたま。
「黒き―かな、いかなる人の漆塗りけん」〈平家・一〉
集団の長。かしら。おさ。
「右の―には造物所(つくもどころ)の別当」〈栄花・月の宴〉
蔵人頭(くろうどのとう)」の略。
「―の君心掛けたるを」〈・末摘花〉
祭礼・集会などの世話役。
「某(それがし)が祇園の会(ゑ)の―にあたってござる程に」〈虎明狂・煎じ物〉
[接尾]牛・馬・犬などの動物を数えるのに用いる。「牛七

とう【頭】[漢字項目]

[音]トウ(漢) (ヅ)(呉) (慣) ジュウ(ヂュウ)(唐) [訓]あたま かしら こうべ かみ
学習漢字]2年
〈トウ〉
あたま。「頭骨頭部出頭台頭低頭点頭禿頭(とくとう)白頭没頭羊頭
物の先端。上端。「頭注咽頭(いんとう)巻頭舌頭先頭弾頭
物事の初め。「初頭年頭劈頭(へきとう)冒頭話頭
上に立つ人。トップ。「頭首会頭巨頭地頭船頭(せんどう)番頭
その付近。ほとり。「駅頭街頭枕頭(ちんとう)店頭路頭
〈ズ〉あたま。「頭巾(ずきん)頭上頭痛頭脳
〈ト〉あたま。「頭巾(ときん)音頭(おんど)
〈あたま〉「頭数頭金(あたまきん)石頭
〈かしら(がしら)〉「頭文字尾頭波頭旗頭膝頭(ひざがしら)目頭出世頭
[名のり]あき・あきら
[難読]挿頭(かざし)塔頭(たっちゅう)主税頭(ちからのかみ)頭垢(ふけ)饅頭(まんじゅう)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

人形の命ともいえる首の部分。バネを使って口、目、などが動くものもある。着物を着けて劇中人物を作り上げる。役柄に応じた様々なパターン化された頭がある。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あたま【頭 head】

動物体の前部にあって1個のまとまりをなす部分をふつう頭という。〈頭部〉も同様の意に用いられる。頭には一般に口があり,摂食器官,感覚器官の発達神経節集中化がみられる部域である。動物の積極的な移動は,好適な場所や食物の獲得を主要な動機として方向性をもって行われ,そのための動物体の構造が発達・分化したと考えられる。前後軸の確立と前進方向への運動力の効率的な強化,そして前端部への摂食・感覚および調整の機能の集中などがそれであり,これが頭部形成cephalization(頭化)といわれるものである。

かしら【頭】

(1)能の用語。(a)小鼓の打音名。調緒(しらべお)を強く締めたまま革の外側を強く打った,高く強い音。流派によっては〈甲(かん)〉と呼ぶ。〈タ〉と唱えられ,譜面上では〈△〉または〈〉と記される。(b)大鼓の打音名。腕を十分に伸ばして打った,強く響く音。〈チョン〉と唱えられ,譜面上では〈△〉または〈〉と記される。(c)太鼓の手組名。左撥(ばち)(8拍)・右撥(1拍)と続けて大きく強く打つこと。【松本 雍】(2)能・狂言歌舞伎舞踊などに用いる仮髪の一種。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

あたま【頭】

人や動物の首から上の部分。脳や顔のある部分。かしら。こうべ。 「 -をふる」
顔より上の部分。脳天。 「 -が割れるように痛い」
顋門ひよめきの古名。 〔和名抄〕
頭の毛。頭髪。また、髪の形。 「 -を刈る」 「妙な-をしている」
思考力。考え。 「 -がいい」 「 -が悪い」
ものの考え方。 「 -を切りかえる」
物の上の部分。てっぺん。 「ツクシが-を出す」 「鼻の-」
組織や団体の上層部。かしらだつもの。 「 -に据える」
人数。 「 -かず」
物事の初め。最初。はな。 「 -からはねつける」
うわまえ。
〘経〙「頭金あたまきん」の略。
(「ひとり」の下につけて接尾語的に用いる)人を単位とすることを表す。 「ひとり-五個ずつ配る」

がしら【頭】

〔あたま、また、初めの意の「かしら(頭)」から〕
他の語の下に付いて、複合語をつくる。
名詞またはこれに準ずる語に付いて、
その中で第一のものである意を表す。 「クラス中の出世-」 「稼ぎ-」 「座-」
物の上部や入り口の意を表す。 「目-」 「膝-」 「波-」
動詞の連用形に付いて、そうした時、そのとたんなどの意を表す。 「出会い-」
日時を表す名詞に付いて、その初めである意を表す。 「月-/平家 10

かぶ【頭】

あたま。かしら。 「 -を離いたは/狂言・惣八 虎寛本

かぶり【頭】

あたま。
「かぶりかぶり」の略。 「 -のあたまも定り/浮世草子・一代男 1
[句項目]

ず【頭】

あたま。かしら。こうべ。
[句項目]

つぶり【頭】

〔円つぶらの転〕
あたま。かしら。つむり。 「かの鉢かづきは、-こそ人には似ず/御伽草子・鉢かづき」

つむ【頭】

「つむり(頭)」の略。 → おつむ

つむり【頭】

人間のあたま。つぶり。かしら。つむ。おつむ。 「源叔父は-をあげて/源おぢ 独歩
頭髪。

とう【頭】

( 名 )
あたま。 「黒き-かな、いかなる人の漆塗りけん/平家 1
かしら。おさ。 「上東門院菊合せさせ給ひけるに、左の-つかうまつるとてよめる/後拾遺 秋下詞
祭礼・集会などの世話役。頭人。 「今日は某が-にて候程に/狂言・乳切木」
「蔵人頭くろうどのとう」の略。 「 -の中将」 「 -着き給はぬ限りは殿上の台盤には人もつかず/枕草子 108
律令制で、寮の長官。
( 接尾 )
助数詞。
牛・馬など大きな動物を数えるのに用いる。 「象一-」
蝶など、採集した昆虫類を数える語。
烏帽子えぼし・兜かぶと・仮面などを数えるのに用いる。

どたま【頭】

〔「ど」は接頭語〕
その人をののしってあたまをいう語。 「ぐだぐだ言うと、-をかち割るぞ」 「あれ〱-から血がながれるはへ/西洋道中膝栗毛 魯文

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


あたま
head

もともとは動物の体制の先端にあって,運動の際に前端となる部分をいう。しかし,頭には中枢神経系の中心部 (脳) や,消化管の入口 (口) や視・聴・嗅覚の感覚器官が集中していることが多いので,前端になくても,これらの器官などのある部分を頭と呼ぶこともある。たとえば頭足類 (イカ,タコ) では,運動方向に沿っておおまかにいえば,腹,頭,足の順になっている。また頭という場合,この部分がある程度独立した形態をもっていて常識的に区別できる必要があるので,たとえば,同じ棘皮動物でも,ナマコの頭という言い方は一応できるが,ウニの口部のある下面中央を頭と呼ぶことは無理である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


あたま

脊椎(せきつい)動物の大きな特徴の一つとされる中枢神経系は、体の背側にあって前方が拡大して脳となっているが、これを入れるために脊椎の前端に骨の箱、つまり頭蓋(とうがい)が発達している。この部分をとくに頭という。一般に動物が一定の方向に移動するとき、つねにその前端となるのが頭であり、ここに脳が発達して目、耳、鼻などの感覚器が集まっており、口もこの部分に開いている。すなわち、動物が体全体を移動させるのは、栄養となる有機物を食物として摂取することと関連して発達したと考えられる。まず感覚器で環境からの情報を受け取り、脳を通して運動器官に命令し、目的に適した行動を発現するのに役だつわけである。体の一部がこのような形になることを頭化という。原索動物とともに脊椎動物を、その祖先とみられる脊索動物の一群に含める場合に有頭類とよんで区別することがあるのは、頭の存在がとくに目だつためである。しかし、頸(くび)の発達していない魚類や両生類では、鳥類や哺乳(ほにゅう)類ほどに区別が容易でない。前者の場合、頸があって頭が自由に動いては、水圧の関係から、水中生活がやりにくいためであり、哺乳類のクジラをみても明らかである。
 無脊椎動物で頭化の著しいものは、陸上の昆虫類、水界の甲殻類に代表される節足動物で、体はいずれも頭、胸、腹の3部からなる。軟体動物では巻き貝の腹足類(マイマイ、アメフラシ)や頭足類(イカ、タコ)に頭化がみられるが、二枚貝類(アサリ)には頭がない。環形動物のミミズやヒルでは、体の前端の2節が多少変形して頭をつくり、内部に脳を含むが、多毛類(ゴカイ)では触糸や目などの感覚器官の発達が目だつ。扁形(へんけい)動物のウズムシ類では頭部に脳と眼点はあるが、口は頭部と独立して腹部に開く。
 一般に、積極的に移動する左右相称動物には頭化がみられるが、ウニやヒトデのような放射相称動物では頭化がない。なお、このような本来の頭と形態が類似していたり、移動する際に前端部となるところから頭とよばれる場合があり、ホヤの幼生やオタマボヤにみられる体主部、または精子の核部分などがその例である。
 頭の骨、すなわち頭骨とは頭蓋と内臓骨との総称であるが、高等脊椎動物では内臓骨に由来する骨格が喉頭軟骨(こうとうなんこつ)以外はすべて頭蓋の形成にあずかるので、頭骨と頭蓋骨は同義語として用いられる。内臓骨由来の骨格はおもに顔面をつくるので顔面頭蓋(内臓頭蓋)といい、脳や感覚器を包む部分を脳頭蓋(神経頭蓋)とよんで区別するが、後者は狭い意味で頭蓋骨ともいう。頭蓋の形成初期は、胚(はい)発生の過程で脊索の前端と脳の下側に生ずる細長い板状の軟骨で、これの骨化と結合組織から直接形成された硬骨が加わる。軟骨頭蓋は原始的で、無顎(むがく)類(ヤツメウナギ)、板鰓(ばんさい)類(サメ、エイ)、全頭類(ギンザメ)、肺魚類(プロトプテルス)にみられる。頭蓋はイカやタコの類にも認められるが、一生軟骨のままで、構造も簡単である。なお、頭骨を構成する骨の数は、脊椎動物が高等になるほど減少してくる傾向がある。魚類では100~180個もあるが、両生類や爬虫(はちゅう)類では50~90個となり、哺乳類になるとほぼその半数まで減少し、類人猿やヒトでは30個以内にとどまる。また、魚類では頭の形によって雌雄の別がはっきりするものもある。カンダイの雄は額部がこぶのように突出しており、かつてはコブダイとよばれて雌とは別種と考えられていたほどである。シイラの雄も成長につれて雌とは頭の形が変わり、前額部が隆起してくる。[川島誠一郎]

ヒトの頭

人体の場合、形態的には頸部(けいぶ)から上方の部分を頭といい、頭の部分(頭部)と顔面(顔部)とに大別される。顔面を除く頭の部分とは、前頭部(眉(まゆ)の上から頭髪の生え際あたりまでで、いわゆる額(ひたい))、頭頂部(前頭部に続き頭の頂上まで)、側頭部(耳介の上方)、後頭部(側頭骨の乳様突起から後頭骨の最突出部まで引いた線より上方)、乳突部(耳介の後下部)、耳介部の6部を含めた範囲をいう。乳突部と耳介部は、両者を総称して側頭下部とよび、側頭部に含まれることもある。前頭部、耳介部、乳突部には毛髪は生えていない。頭の形態をつくっている骨格は頭蓋骨(とうがいこつ)で、脳髄(のうずい)を収容しているので脳頭蓋ともいうが、頭の区分名と同名の骨が頭蓋を構成している。すなわち前頭骨、頭頂骨、側頭骨、後頭骨、さらに蝶形骨(ちょうけいこつ)、篩骨(しこつ)が加わる。蝶形骨、篩骨は頭蓋底の真ん中に位置しているから、頭の外形をつくっているのはおもに前頭骨、頭頂骨、側頭骨、後頭骨である。皮膚(頭皮)は厚くて硬く、太い毛髪が生えている。頭皮下には皮下組織が少なく、薄い筋層や結合組織の膜(帽状腱膜(けんまく))があるのみで、すぐに骨膜に覆われた頭蓋骨に接しているため堅い物が頭部にぶつかると、直接、頭蓋骨に外力が及んで損傷をおこしやすい。
 新生児の頭の頂点の前後で、指を頭皮にあてると拍動を感じる部分があるが、これは脳の動脈の拍動が伝わるためである。新生児の頭蓋骨は出生時にはまだ骨化しないで、頭蓋骨相互の癒合を生じていないために、拍動がわかるわけである。癒合を生じていない間隙(かんげき)には、結合組織が充填(じゅうてん)されているが、頭頂部には矢状縫合と冠状縫合とが交わる部位、および矢状縫合とラムダ(状)縫合とが交わる部位には、比較的広い骨間隙ができており、前者を大泉門(だいせんもん)、後者を小泉門とよぶ。泉門は年齢の増加に伴い、頭蓋骨の発育とともに消失し、しだいに骨縫合に変わる。小泉門は生後約2か月、大泉門は14~22か月で閉鎖する。
 頭の形は個人差が著しく、また、性別差、年齢差、人種差、民族差といったさまざまな要素が関係しているため、頭の形の分類はむずかしいとされている。しかし、遺伝学的にも頭型の比較は重要な意味をもっているため、この研究には一定の方法に従って計測する頭径示数が用いられる。代表的な示数表示法として長幅示数(頭径最大幅÷頭径最大長×100)や、長高示数(頭径最大高÷頭径最大長×100)がある。長幅示数は頭の上方から見た示数、長高示数は頭を側面から見た示数である。長幅示数では、頭の形が前後に長いほど示数が小さく、幅が広いほど示数は大である。過長頭(示数70未満)、長頭(70~74.9)、中頭(75~79.9)、短頭(80~84.9)、過短頭(85以上)の分類があり、また高さでは低頭(70未満)、正頭(70~74.9)、高頭(75以上)の分類がある。この頭径示数を基準にして日本人をみた場合、かなり変化があるが、一般的には日本海側や北日本の地域では長頭、低頭傾向で、西日本地域では短頭、高頭傾向、関東地域では中頭、高頭の傾向があるという。人種的にも、黒褐色系の皮膚をもつ人種(黒人など)は長頭型で、黄褐色あるいは明淡色系皮膚をもつ人種(白人、アイヌ)は中頭型、黄褐色から土色皮膚の人種(東洋人、アラブ人)は短頭型である。日本人は全般的には短頭と中頭との中間といわれる。[嶋井和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のの言及

【頭】より

…動物体の前部にあって1個のまとまりをなす部分をふつう頭という。〈頭部〉も同様の意に用いられる。…

【頭屋(当屋)】より

…神社の祭りや(こう)行事に際し,その準備,執行,後始末などの世話を担当する人,またその家のこと。頭(とう)とはもと儀式などの主宰の責任をゆだねられることを意味し,神事仏事の諸負担を均等化するべく,集団の中に交代勤務を定めるところから,頭役(とうやく)の制が生じ,その勤務者を頭人(とうにん)とよんだ。さらに神事に欠くことのできない斎屋(いみや)(こもりや,こもり堂,精進屋)の存在と結びついて,あまねく祭りに緊要な〈とうや〉の語を生むにいたった。…

※「頭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

頭の関連キーワード穿頭血腫洗浄ドレナージ術頭血腫(ずけっしゅ)烏の頭白く馬角を生ず特発性正常圧水頭症ポイント(尖頭器)脳味噌が足りないオリガーキーシャントウひざがしらシャントースカルプ御伽草子一年神主浮世草子若い者頭グランス頭蓋示数寡頭政治十腕形類八腕形類

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

頭の関連情報