コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頸部交感神経症候群 けいぶこうかんしんけいしょうこうぐん cervical autonomic nerve syndrome

1件 の用語解説(頸部交感神経症候群の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

頸部交感神経症候群
けいぶこうかんしんけいしょうこうぐん
cervical autonomic nerve syndrome

頸部交感神経の障害による症候群で,興奮状態と麻痺状態があるが,臨床的には麻痺状態となるほうが多い。頸部交感神経麻痺状態は,ホルネル症候群または交感神経性眼筋麻痺ともいわれ,瞳孔の縮小,眼裂の狭小,眼球の後退が3主徴としてあげられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

頸部交感神経症候群の関連キーワード自律神経薬ホルネル症候群交感神経系交感神経興奮剤チアミン欠乏症候群副交感神経系副交感神経遮断薬免疫交感神経切除頸部脊椎症交感神経興奮薬

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone