コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頸部交感神経症候群 けいぶこうかんしんけいしょうこうぐんcervical autonomic nerve syndrome

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

頸部交感神経症候群
けいぶこうかんしんけいしょうこうぐん
cervical autonomic nerve syndrome

頸部交感神経の障害による症候群で,興奮状態と麻痺状態があるが,臨床的には麻痺状態となるほうが多い。頸部交感神経麻痺状態は,ホルネル症候群または交感神経性眼筋麻痺ともいわれ,瞳孔の縮小,眼裂の狭小,眼球の後退が3主徴としてあげられている。そのほか,患側血管の拡張,顔面発汗不能,唾液・涙・鼻汁の分泌障害,顔面栄養障害,虹彩変色なども起る。原因には,頸部交感神経摘出手術,外傷,脊髄の疾患・損傷,間脳や視床下部の腫瘍・損傷,諸種の脳疾患,肺結核の胸郭成形手術などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone