頼助(1)(読み)らいじょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

頼助(1) らいじょ

1054-1119 平安時代後期の仏師。
天喜(てんぎ)2年生まれ。定朝(じょうちょう)の孫。覚助の子。仏所を京都から奈良にうつし,興福寺の仏像を修復して康和5年法橋(ほっきょう)となる。永久元年白河法皇呪詛(じゅそ)の観音像をつくったとうたがわれた。元永2年6月9日死去。66歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android