コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レオ[9世] レオ

百科事典マイペディアの解説

レオ[9世]【レオ】

ローマ教皇(在位1049年―1054年)。神聖ローマ皇帝ハインリヒ3世の援助で登位ヒルデブラント(のちの教皇グレゴリウス7世)らの人材を得て教会刷新に尽力した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

レオ[9世]【Leo IX】

1002‐54
ローマ教皇,聖人。在位1049‐54年。アルザスの貴族の生れで,トゥールに学び,のち同地の司教(1026)。神聖ローマ皇帝ハインリヒ3世の後援を得て教皇位に就くや,ヒルデブラント(のちの教皇グレゴリウス7世)など有能な人材の協力下で精力的に教会刷新運動を推進し,聖職者の妻帯禁止,聖職売買の禁止などを数次の教会会議で打ち出した。トゥールのベレンガリウスの聖餐論を断罪(1050)したのも彼である。南イタリアでノルマン人と戦って敗れた(1053)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

レオ[9世]の関連キーワードグレゴリウス[7世]

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android