コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レオ[9世] レオ

2件 の用語解説(レオ[9世]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

レオ[9世]【レオ】

ローマ教皇(在位1049年―1054年)。神聖ローマ皇帝ハインリヒ3世の援助で登位,ヒルデブラント(のちの教皇グレゴリウス7世)らの人材を得て教会刷新に尽力した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

レオ[9世]【Leo IX】

1002‐54
ローマ教皇,聖人。在位1049‐54年。アルザスの貴族の生れで,トゥールに学び,のち同地の司教(1026)。神聖ローマ皇帝ハインリヒ3世の後援を得て教皇位に就くや,ヒルデブラント(のちの教皇グレゴリウス7世)など有能な人材の協力下で精力的に教会刷新運動を推進し,聖職者の妻帯禁止,聖職売買の禁止などを数次の教会会議で打ち出した。トゥールのベレンガリウスの聖餐論を断罪(1050)したのも彼である。南イタリアノルマン人と戦って敗れた(1053)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

レオ[9世]の関連キーワード株主権回転ずし業界ミニマム級ドブニウムキモシン和帝仮登記観音塚古墳送達特別支援学校の統合

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone