コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頼観 らいかん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

頼観 らいかん

1032-1102 平安時代中期-後期の僧。
長元5年生まれ。藤原頼宗の子。真言宗。丹波釈王寺(京都府)の頼尋にまなぶ。仁和(にんな)寺の性信(しょうしん)入道親王灌頂(かんじょう)をうけ,仁和寺の子院徳大寺にはいった。康和2年東寺長者法務。康和4年4月6日死去。71歳。通称は徳大寺大僧都。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

頼観の関連キーワード本山寺(岡山県)岩間観音相良長続本山寺

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android