コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李元昊 りげんこう Li Yuan-hao; Li Yüan-hao

5件 の用語解説(李元昊の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李元昊
りげんこう
Li Yuan-hao; Li Yüan-hao

[生]1003
[没]1048
中国,西夏国第1代の皇帝 (在位 1032~48) 。別名,曩霄 (のうしょう) 。諡,武烈。廟号,景宗。李徳明の子。甘州をウイグルから奪い,1032年父の死後西平王の位を継いだが,対宋独立の意志をもっていたので,中国風の文武の官制,服式を定め,開運と改元し,18州をおき,興慶州 (寧夏) を府と改めて首都とし,皇帝と称して国号を大夏とし (38) ,宋に独立を伝えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

り‐げんこう〔‐ゲンカウ〕【李元昊】

[1004~1048]中国、西夏の初代皇帝。在位1032~1048。廟号(びょうごう)は景宗。1038年建国。国号を大夏と称した。に対抗し、官制・兵制を整え、文化の向上にも努めた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

りげんこう【李元昊 Lǐ Yuán hào】

1003‐48
中国,西夏第1代の皇帝。諡(おくりな)は武烈。廟号は景宗。性雄毅にして智謀にたけ,河西ウイグルを破って甘州,涼州を攻略,瓜・沙・粛3州をとる。父李徳明の死後,西平王の位を継ぐと(1032),旺盛な独立意識をもって建国に着手し,興州に都をおいて興慶府と改め(今の寧夏回族自治区銀川市),宋制にならって文武の官制をたて,また兵制を定めて十二監軍司などの軍名をつくった。一方,礼楽を定め,蕃・漢二字院を設けたが,李元昊は西夏文字の創造に独立意識をもやし,文字公布の広運3年を記念して年号を大慶元年(1036)に改めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

りげんこう【李元昊】

1003~1048) 中国、西夏初代皇帝(在位1038~1048)、廟号びようごうは景宗。1038年皇帝を称し国号を大夏とした。宋・遼と対抗し版図を広げ、西夏の基礎を固めた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

李元昊
りげんこう
(1004―1048)

西夏国初代の皇帝(在位1032~48)。廟号(びょうごう)は景宗。太宗李徳明の長子として生まれ、創造の才に富み、兵法、法律に詳しく、仏学にも通じた。1032年、李徳明の死後、西平王の位を継ぐと、姓を嵬名(ぎめい)と改め、吾祖(西夏語で皇帝の意)と称し宋(そう)に対抗した。国都の興州を興慶府(寧夏(ねいか)回族自治区銀川市)と改め、政治、軍事の中心とし、国名を大夏とした。早くから河西地域への進出を目ざし、前後して瓜(か)州、沙(さ)州、粛(しゅく)州を占拠し、河西回廊全部を手中に収め、西夏国の基礎を固めた。軍事的にまれにみる英傑であるのみならず、政治のうえでも新興国家の建設者として優れ、文化政策にも有能な才幹を示した。[西田龍雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の李元昊の言及

【西夏】より

…さらに河西へ進出して河西ウイグルの商業貿易権を奪取せんとしたが,これには河西ウイグル自身の抵抗はもとより,同様に河西進出をねらう遼の妨害工作があったうえに,湟水(こうすい)流域(青海省西部)には唃厮囉(こくしら)のもとに統合された青唐吐蕃が反抗を示した。しかしこれらの障害を排除しつつ,河西経略が進められて,その子,李元昊(りげんこう)にひきつがれた。李元昊は河西各地を収めたのち,独立意識に燃えて国家建設に着手し,興州を興慶府と改めて都とし(現在の寧夏回族自治区銀川市),宋制にならって文武の官制をたて,年号をたて,兵制を定めて十二監軍司などを設けて防衛を固めた。…

※「李元昊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

李元昊の関連キーワード王通光緒帝司馬睿万暦帝楊堅雍正帝劉裕諡・贈り名・謚贈名贈諡

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone