コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

額田寺伽藍幷条里図 ぬかたでらがらんならびにじょうりず

世界大百科事典 第2版の解説

ぬかたでらがらんならびにじょうりず【額田寺伽藍幷条里図】

額安寺(がくあんじ)に伝来,現在国立歴史民俗博物館所蔵。奈良末期の天平宝字年間(757‐765),または少し後の作成。額安寺は当時額田寺といった。麻布に平群(へぐり)郡の9,10条の3里19~36坪,4里1~24坪(里名〈額田里〉)の条里坪付を示し,それに朱・墨で額田寺の堂塔,雑舎,寺領田畠,岡,林,池,また〈法花寺庄〉〈公田〉〈中臣朝臣毛人畠〉〈日根連千虫家〉〈巨勢朝臣古万呂家・地〉〈調使□畠〉〈石柱〉等を記入したもの。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android