コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

額田寺伽藍幷条里図 ぬかたでらがらんならびにじょうりず

1件 の用語解説(額田寺伽藍幷条里図の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぬかたでらがらんならびにじょうりず【額田寺伽藍幷条里図】

額安寺(がくあんじ)に伝来,現在国立歴史民俗博物館所蔵。奈良末期の天平宝字年間(757‐765),または少し後の作成。額安寺は当時額田寺といった。麻布に平群(へぐり)郡の9,10条の3里19~36坪,4里1~24坪(里名〈額田里〉)の条里坪付を示し,それに朱・墨で額田寺の堂塔,雑舎,寺領田畠,岡,林,池,また〈法花寺庄〉〈公田〉〈中臣朝臣毛人畠〉〈日根連千虫家〉〈巨勢朝臣古万呂家・地〉〈調使□畠〉〈石柱〉等を記入したもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

額田寺伽藍幷条里図の関連キーワード国立歴史民俗博物館新羅楽明清楽滝安寺清楽インディペンデンス国立歴史公園額行灯歴博百川学庵

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone