コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

顔面単純性粃糠疹 がんめんたんじゅんせいひこうしん pityriasis simplex faciei

1件 の用語解説(顔面単純性粃糠疹の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

顔面単純性粃糠疹
がんめんたんじゅんせいひこうしん
pityriasis simplex faciei

俗にはたけという。顔面に,境界が比較的鮮明で,軽い色素脱失性の大小の円形病変が生じる状態。病変部は乾燥して,粃糠様に落屑するので,白っぽく粉を掃いたようにみえる。普通,自覚症状がない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の顔面単純性粃糠疹の言及

【はたけ】より

…学童期の子どもの顔面にみられる,比較的境界鮮明な,円形または楕円形の,やや白く見える不完全脱色素斑。医学的には顔面単純性粃糠(ひこう)疹pityriasis simplex facieiという。表面には細かな落屑(らくせつ)をつけ,粉をふいたように見える。…

※「顔面単純性粃糠疹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

顔面単純性粃糠疹の関連キーワード顔面神経赤色筋畑水練顔面白癬ハイウエスト白色筋多形構造畠田畠山基家

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone