コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

顕日 けんにち

世界大百科事典内の顕日の言及

【高峰顕日】より

…鎌倉時代の臨済宗の僧。後嵯峨天皇の皇子で,16歳のとき東福寺円爾(えんに)弁円の門に入って具足戒を受け,1260年(文応1)兀庵普寧(ごつたんふねい)に従って建長寺において湯薬侍者をつとめた。翌年下野那須の教寺に韜晦(とうかい)したが,多くの禅徒が参集したので,やがて禅寺にあらため,雲巌寺(栃木県黒羽町)とし,その開山となった。79年(弘安2)無学祖元が来朝すると,しばしば建長寺・円覚寺に赴いて祖元に参禅し,ついに印可を受けて法を継いだ。…

※「顕日」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

顕日の関連キーワード南浦紹明(なんぽじょうみょう)仏国応供広済国師乾峰士曇天岸慧広元翁本元高山慈照宗峰妙超月船琛海牧野伸顕孤峰覚明無学祖元月林道皎通翁鏡円平心処斎枢翁妙環大同妙喆可翁妙悦太平妙準高峰顕日真空妙応

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

顕日の関連情報