コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浄智寺 ジョウチジ

5件 の用語解説(浄智寺の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じょうち‐じ〔ジヤウチ‐〕【浄智寺】

神奈川県鎌倉市山ノ内にある臨済宗円覚寺派の寺。山号は金峰山。弘安6年(1283)北条宗政の三回忌に建立。開山は兀庵普寧(ごったんふねい)大休正念・南州宏海。鎌倉五山の第四位。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

浄智寺【じょうちじ】

鎌倉市にある臨済宗円覚寺(えんかくじ)派の寺。本尊阿弥陀・釈迦・弥勒の三世如来。鎌倉五山の一つ。1283年北条宗政(ほうじょうむねまさ)夫人が夫の菩提を弔うために創建。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

浄智寺

神奈川県鎌倉市にある寺院。弘安年間(1278~1287)創建。臨済宗円覚寺派。本尊は三世仏(阿弥陀如来釈迦如来、弥勒如来)。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

じょうちじ【浄智寺】

鎌倉市山内にある臨済宗円覚寺派の寺。山号、金峰山。鎌倉五山の一。1283年北条宗政の三周忌に開山と伝える。勧請開山は宋僧の兀庵普寧ごつたんふねい

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浄智寺
じょうちじ

神奈川県鎌倉市山ノ内にある臨済(りんざい)宗円覚寺(えんがくじ)派の寺。正式には金宝山(きんぽうざん)浄智荘厳(しょうごん)禅寺という。本尊は阿弥陀(あみだ)・釈迦(しゃか)・弥勒(みろく)の三世仏。北条師時(もろとき)が1281年(弘安4)に没した父宗政のため創建。兀庵普寧(ごったんふねい)を故開山、大休正念(だいきゅうしょうねん)を勧請(かんじょう)開山、南洲宏海(なんしゅうこうかい)を準開山とする。南洲が開山であるが、嗣法の師兀庵と、宗政三回忌の導師大休に敬意を表してである。1299年(正安1)北条貞時(さだとき)によって鎌倉五山の寺格が与えられ、のち1386年(元中3・至徳3)足利義満(あしかがよしみつ)が五山位次を制定し、当寺は鎌倉五山の第四位に定められ、夢窓疎石(そせき)、清拙正澄(せいせつしょうちょう)、竺仙梵僊(じくせんぼんせん)らの高僧が住持した。ことに夢窓は1305年(嘉元3)浄智寺住持の高峰顕日(こうほうけんにち)に参禅して、この寺で印可を受けた。しかし室町末期には足利氏の衰勢とともに寺運が衰え、小田原北条氏も寺領7貫文余を給するにとどまった。
 寺宝の木造地蔵菩薩(ぼさつ)像、玉隠英(ぎょくいんえいよ)筆の紙本墨書西来庵(さいらいあん)修造勧進(かんじん)状1巻は国の重要文化財、暦応(れきおう)3年(1340)銘の銅鐘は県文化財。境内は国史跡。また境内に鎌倉十井(じっせい)の一つ「甘露(かんろ)の井」がある。[菅沼 晃]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の浄智寺の言及

【鎌倉五山】より

…鎌倉にある臨済宗の五大禅刹,すなわち建長寺円覚寺,寿福寺,浄智寺,浄妙寺をいい,京都五山に対する。中国南宋代の五山官寺制度が,日本に移植されたのは鎌倉時代末期のことで,1299年(正安1)執権北条貞時が浄智寺を五山に列したのが史料上の初見である。…

※「浄智寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浄智寺の関連情報