高峰顕日(読み)こうほう けんにち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高峰顕日 こうほう-けんにち

1241-1316 鎌倉時代の僧。
仁治(にんじ)2年生まれ。後嵯峨(ごさが)天皇の皇子。臨済(りんざい)宗。円爾(えんに),兀庵普寧(ごったん-ふねい)にまなび,下野(しもつけ)(栃木県)雲巌寺をひらく。弘安(こうあん)2年来日した無学祖元(むがく-そげん)の法をつぐ。のち鎌倉浄妙寺,建長寺などの住持。門下に太平妙準,夢窓疎石(むそう-そせき)ら。南浦紹明(なんぽ-じょうみん)とともに天下の二甘露門(かんろもん)といわれた。正和(しょうわ)5年10月20日死去。76歳。京都出身。諡号(しごう)は仏国禅師,仏国応供広済国師。著作に「仏国国師語録」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

高峰顕日

没年:正和5.10.20(1316.11.5)
生年:仁治2(1241)
鎌倉後期の臨済宗仏光派の僧。後嵯峨天皇の皇子として城西の離宮で生まれる。16歳で東福寺(京都)円爾に就いて出家。文応1(1260)年に来日した兀庵普寧が建長寺(鎌倉)に入ったので侍者となる。翌年下野那須(栃木県)雲巌寺を再興して禅宗とし,弘安2(1279)年無学祖元が来日して建長寺に住すると,一翁院豪の紹介で参じて印可を受け,嗣法する。のち雲巌寺に帰り,また浄妙寺(鎌倉),万寿寺(京都),建長寺に歴住し,晩年は再び雲巌寺に帰った。門下に夢窓疎石が出る。仏国応供広済国師と諡される。伝記に『仏国国師行録』がある。<著作>『仏国禅師語録』

(中尾良信)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうほうけんにち【高峰顕日】

1241‐1316(仁治2‐正和5)
鎌倉時代の臨済宗の僧。後嵯峨天皇の皇子で,16歳のとき東福寺円爾(えんに)弁円の門に入って具足戒を受け,1260年(文応1)兀庵普寧(ごつたんふねい)に従って建長寺において湯薬侍者をつとめた。翌年下野那須の教寺に韜晦(とうかい)したが,多くの禅徒が参集したので,やがて禅寺にあらため,雲巌寺(栃木県黒羽町)とし,その開山となった。79年(弘安2)無学祖元が来朝すると,しばしば建長寺・円覚寺に赴いて祖元に参禅し,ついに印可を受けて法を継いだ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高峰顕日
こうほうけんにち
(1241―1316)

鎌倉時代の臨済宗の僧。後嵯峨(ごさが)天皇の皇子。京都東福寺円爾弁円(えんにべんえん)の門に入って具足戒(ぐそくかい)を受け、ついで建長寺において兀庵普寧(ごったんふねい)に随侍。下野那須(しもつけなす)(栃木県大田原(おおたわら)市)に韜晦(とうかい)して雲巌(うんがん)寺を開創したが、彼の風を慕って禅徒が雲集した。無学祖元(むがくそげん)が来朝するや、建長寺、円覚寺において彼に参じ、印可(いんか)を受けて法を嗣(つ)いだ。顕日は当時、横岳(よこだけ)(福岡県)崇福寺(そうふくじ)の南浦紹明(なんぽじょうみょう)とともに、天下の二甘露門(かんろもん)と仰がれた。門下からは夢窓疎石(むそうそせき)、天岸慧広(てんがんえこう)(1273―1335)、太平妙準(たいへいみょうじゅん)(生没年不詳)など多数の禅傑を輩出し、鎌倉末期の関東禅林の主流を形成した。勅諡(ちょくし)号は仏国応供(おうご)広済国師。語録、和歌集などがある。[藤岡大拙]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の高峰顕日の言及

【雲巌寺】より

…1120年代ころ,初叟元(しよそうげん)和尚によって旧仏教系寺院として開かれたと伝えられている。しかし後に衰退し,1283年(弘安6)高峰顕日(こうほうけんにち)によって復興され,臨済宗寺院となった。開山の高峰は東福寺の弁円の下で修行後,那須の山中に隠遁したが,その名声が各地に伝わると修行者が参集し,当時筑前で名声の高かった南浦紹明と共に〈天下の二甘露門〉と称せられた。…

※「高峰顕日」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android