コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

顕本法華宗 ケンポンホッケシュウ

2件 の用語解説(顕本法華宗の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けんぽん‐ほっけしゅう【顕本法華宗】

日蓮宗の一派。日什(にちじゅう)を開祖とし、京都の妙満寺総本山とする。もと勝劣派に属した。妙満寺派。什門派。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

けんぽんほっけしゅう【顕本法華宗】

日蓮宗勝劣派の一派。日什にちじゆうを派祖、京都の妙満寺を総本山とする。什門派。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の顕本法華宗の言及

【日什】より

…南北朝時代の日蓮宗の僧。顕本法華宗の開祖。奥州会津石堂氏の出身。…

【日蓮宗】より

…京都では比企谷門流から出た日像(にちぞう)の四条妙顕寺を中心とする四条門流と,日静(にちじよう)の六条本圀(ほんこく)寺を中心とする六条門流とがあり,さらに前者からは日隆(にちりゆう)が尼崎本興寺と京都本能寺を中心とする日隆門流(現,法華宗本門流)を,次いで日真が本隆寺を建立して日真門流(現,法華宗真門流)を,後者からは日陣が分立して日陣門流(現,法華宗陣門流)を形成した。中山門流からは先に日什(にちじゆう)が独立して妙満寺を中心に日什門流(現,顕本法華宗)を開き,日親が本寺のあり方にあきたらず,本法寺を中心に関西中山門流のもとを築いた。京都日蓮宗は公家・武家ばかりでなく,町衆の帰依を受け,その勢力を増大し,戦国争乱のなかで法華一揆を結び,一時期は京都に自治的状態を実現したが,1536年(天文5)既成教団・戦国大名の連合軍に襲撃され,壊滅状態におちいり京都を追放され,やがて復帰をゆるされた。…

【妙満寺】より

…京都市左京区岩倉にある顕本法華宗総本山。妙塔山と号する。…

※「顕本法華宗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

顕本法華宗の関連キーワード日慈日充日什日蓮宗不受不施派黄竜宗本妙法華宗本門宗小泉日慈神保日慈

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone