コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

顕色剤 ケンショクザイ

大辞林 第三版の解説

けんしょくざい【顕色剤】

氷染染料による染色法でアゾ化合物をつくって発色させるのに用いられる芳香族第一アミン、およびそれから得られるジアゾニウム塩。
感圧紙や感熱紙で発色剤と接触すると反応して色を出す無機化合物。フェノール性樹脂・酸性白土など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

顕色剤の関連キーワードノーカーボン紙アゾイック染料ナフトール染料ジアゾニウム塩感圧複写紙隠顕インク無機化合物感熱記録紙アゾ化合物感熱色素酸性白土氷染染料感熱紙感圧紙顕色染料

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android