願状(読み)ガンジョウ

デジタル大辞泉の解説

がん‐じょう〔グワンジヤウ〕【願状】

神仏に対する願意を書いた文書。願書。願文。
政府などに願いを書いて出す文書

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

がんじょう【願状】

神仏に祈願する時、その趣旨を記した文書。願文がんもん。 「真盛討死の後、木曽義仲-に添へて此の社にこめられ侍るよし/奥の細道」
願書。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

がん‐じょう グヮンジャウ【願状】

〘名〙
神仏に起請し、願を立てるときなどに、祈願の趣旨を述べた文書。祈願文。願文(がんもん)。〔ロドリゲス日本大文典(1604‐08)〕
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)太田神社「真盛討死の後、木曾義仲願状にそへて、此社にこめられ侍よし」
② (政府などに対して)願いの趣旨を書いて出す文書。願書
※泰西国法論(1868)〈津田真道訳〉二「請状或は願状を呈し有司に其権を復せしめん事を請ふを得るなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android