コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

類と種と種差 るいとしゅとしゅさgenus, species and specific difference

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

類と種と種差
るいとしゅとしゅさ
genus, species and specific difference

2つの一般概念をその外延について比べて,一方が他方に包摂されるとき,前者 (より個別的) を後者 (より一般的) の種,後者を前者の類と呼ぶ。ある種と同一種に属する他の種の間の相違を種差という。たとえば動物を類,人間を種とすれば,人間と他の動物との種差は理性または言葉をもつことであり,ある種は類概念と種差で定義される (「人間は言語をもつ動物である」) 。博物学的分類では類と種は固定したクラスをなすが,アリストテレスに始るこの論理学上の概念では相対的であり,人間を類とみれば各民族が種と考えられることになる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android