一般概念(読み)イッパンガイネン

精選版 日本国語大辞典の解説

いっぱん‐がいねん【一般概念】

〘名〙 多くの対象のどれにもその意味を変えないで適用できる概念。たとえば、山、果物、人間など。普遍概念。⇔単独概念
※論理学(1916)〈速水滉〉一「山・川・草・木の如きは種々の個体を云ひ現はせる概念で、一般概念である」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android