コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

顧郷屯遺跡 こきょうとんいせきGu-ging-tun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

顧郷屯遺跡
こきょうとんいせき
Gu-ging-tun

中国黒竜江省ハルビン(哈爾浜)特別市の南西約 5kmにある遺跡。1931年に E.E.アーネルト,A.S.ルカシキン,尹賛勲らによって動物化石が発見され,1933~34年には徳永重康直良信夫が大規模な調査を行なった。マンモス,毛サイ,ウマ,ウシなど五十余種の動物化石が出土し,18個の石器も発見されている。出土した動物化石は更新世のものであるが,石器類は新石器時代初頭の竜江期に属するものと考えられ,不明瞭な点が多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こきょうとんいせき【顧郷屯遺跡 Gù xiāng tún yí zhǐ】

中国,黒竜江ハルビン市の南西約5km,顧郷屯何家溝にある旧石器時代の遺跡。クシャントンともいう。1934‐35年に,徳永重康,直良信夫によって調査された。温泉河岸の低地にあり,表土下の砂層ないし砂質粘土層中からマンモス,毛サイなどの化石獣骨とともに,チャート玄武岩,石英などの石器,石片および骨角器と称するものが出土した。骨角器の中で明らかな人工品は2点ほどしかなく,他の多くは不明なものであるが,石器群は石刃石核,石刃,搔器を含む典型的な後期旧石器の内容をもっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

顧郷屯遺跡
こきょうとんいせき

中国、黒竜江(こくりゅうこう/ヘイロンチヤン)省ハルビン市の南西5キロメートルの顧郷屯何家溝にある新石器時代初期の遺跡。1931年にアーネルトE. E. Ahnert、ルカシキンA. S. Loukashikin、尹賛勲(いんさんくん)らはこの地を調査して化石獣骨を多数採集した。その後、1933年(昭和8)に徳永重康(しげやす)、直良信夫(なおらのぶお)らの満蒙(まんもう)学術調査団が大規模な発掘を行い、石器や骨角器などの遺物を発見している。遺跡は温泉河畔の低湿地に位置し、黒色表土の下にある粘土層や砂層からマンモス、毛サイ、ウマ、ウシ、シカなどの化石や石器、骨角器が出土している。石器類には小形の刮削(かっさく)器、石片、石核があり、中国の北辺に分布する新石器時代初期の細石器文化に属するものと考えられている。[飯島武次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例