コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

顧鑑古范 こかん こはん

1件 の用語解説(顧鑑古范の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

顧鑑古范 こかん-こはん

1770-1843 江戸時代後期の僧。
明和7年生まれ。臨済(りんざい)宗。東嶺円慈(とうれい-えんじ),峨山慈棹(がさん-じとう)らに師事し,円慈の弟子関道霊枢の法をつぐ。文化元年尾張(おわり)(愛知県)瑞泉(ずいせん)寺の輝東庵の住持となり,文政3年僧堂をたてた。のち遠江(とおとうみ)(静岡県)大通寺の住持。天保14年8月20日死去。74歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。俗姓は尾関。諡号(しごう)は霊眼弘明禅師。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

顧鑑古范の関連キーワードチェルシー磁器ノースクルーゼンシュテルン後桜町天皇ドイツ演劇小森桃塢平田篤胤墓アヘン戦争天保の改革

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone