コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風帯 フウタイ

2件 の用語解説(風帯の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふう‐たい【風帯】

掛け物の発装から垂らす2本の細長いきれ、または紙。
几帳(きちょう)壁代(かべしろ)の上から垂らす細長い布帛(ふはく)。
旗の横上につけたひも。巻き上げた旗を縛るのに用いる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の風帯の言及

【掛物】より

…またその材料は古裂(こぎれ)が多く,紙も用いられる。そして一文字(いちもんじ)と風帯(ふうたい)は共裂を使い,中回し(ちゆうまわし)と上下は材料を変えて変化をつけ,一文字の裂に最上のものを用いるのを習慣としている。裂では印金(いんきん),金襴,銀襴,緞子(どんす),紗(しや),縫取(ぬいとり),漢東(かんとん)などが喜ばれる。…

※「風帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

風帯の関連情報