コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壁代 カベシロ

デジタル大辞泉の解説

かべ‐しろ【壁代】

宮殿などで、母屋(もや)と庇(ひさし)との間を隔てるため、壁の代わりに長押(なげし)から御簾(みす)の内側に垂らす絹・綾などのとばり。
壁下地(かべしたじ)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かべしろ【壁代】

宮殿などで、母屋もやと庇ひさしとの間を隔てるために、長押なげしから垂らした、綾あや・絹で作った帷帳いちよう
壁下地かべしたじ 」に同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

かべしろ【壁代】

平安時代寝殿造りの住居などで、壁の代用として御簾(みす)の内側にかけた布。絹織物を数枚縫い合わせた(とばり)を用いて、視線をさえぎったり寒さを防ぐために用いた。
壁土を塗るときの、細く割った竹などで作った骨組み。◇「壁下地」ともいう。

出典|講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

壁代
かべしろ

公家調度で屏障具(へいしょうぐ)の一種。寝殿造の母屋(もや)と廂(ひさし)の境に長押(なげし)より垂らす。表面に御簾(みす)をかけ、そのすぐ裏にかけて、人目を遮るためや寒さを防ぐ目的に用いた。冬は練った白平絹(ひらぎぬ)か白綾(しらあや)、夏は生の白平絹か白綾に朽木(くちき)型を摺(す)り、冬は練り白平絹、夏は生白平絹の裏をつける。五幅(いつの)か七幅で製し、各幅の中央に野筋(のすじ)とよぶ幅9センチメートルほどの平絹の絎(く)け紐(ひも)をつけて垂らす。これには黒一色のものと、濃紅(こきべに)と蘇芳(すおう)色の平絹を中央ではぎ合わせたものがある。『源氏物語絵巻』(「柏木(かしわぎ)」)には表地が白桜花文の綾に描き絵がなされ、(だん)(だんだら)の野筋を垂らした五幅の壁代が、同じく「横笛」には表地が白三重襷文(たすきもん)の綾、黒三重襷文綾の野筋をつけた壁代が描かれている。壁代を巻き上げるときは木端(こは)といって、薄い板を芯(しん)にしていっしょに巻き上げ、野筋で結ぶ。[高田倭男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の壁代の言及

【帳】より

…壁代(かべしろ),引帷(ひきもの),几帳(きちよう),斗帳(とちよう),軟障(ぜじよう),幌(とばり)など室内で屛障用に用いられる帷(かたびら)の総称。〈とばり〉ともよむ。…

※「壁代」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

壁代の関連キーワード更衣(ころもがえ)朽ち木形・朽木形裙帯(くたい)寝殿造朽木形御簾装束風帯野筋母屋引物軟障帷帳青緂更衣

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android