コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風積土 フウセキド

3件 の用語解説(風積土の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふうせき‐ど【風積土】

砂丘土・黄土・砂漠土など、風によって運ばれて堆積(たいせき)した土壌。風成土。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

風積土
ふうせきど

岩石が風化作用を受けてできた軟らかい母材やほかの場所で生成した土壌が、風により運ばれて離れた別の場所に落下堆積(たいせき)してできた土壌のことで、一般的に粒径が均一である。日本でもっとも重要なのは関東ロームなどの火山灰土壌である。これは、火山爆発の際生じた細かい火山灰の粒子が風に乗って運ばれ堆積してできた土壌である。世界的に広く分布し、よく知られているものにレスがある。中国大陸のレスは黄土といい、遠く西方の砂漠から風で運ばれ、厚く堆積してできたものである。[小山雄生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone