風積土(読み)ふうせきど

日本大百科全書(ニッポニカ)「風積土」の解説

風積土
ふうせきど

岩石が風化作用を受けてできた軟らかい母材やほかの場所で生成した土壌が、風により運ばれて離れた別の場所に落下堆積(たいせき)してできた土壌のことで、一般的に粒径が均一である。日本でもっとも重要なのは関東ロームなどの火山灰土壌である。これは、火山爆発の際生じた細かい火山灰の粒子が風に乗って運ばれ堆積してできた土壌である。世界的に広く分布し、よく知られているものにレスがある。中国大陸のレスは黄土といい、遠く西方の漠から風で運ばれ、厚く堆積してできたものである。

[小山雄生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「風積土」の解説

ふうせき‐ど【風積土】

砂丘土・黄土・砂漠土など、風によって運ばれて堆積たいせきした土壌。風成土

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「風積土」の解説

ふうせき‐ど【風積土】

〘名〙 風によって運ばれた土・砂・ほこりなどが堆積して生じた土壌。風成土。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android